頭痛緩和対策にツボが有効的です

とっさに引き起こされた頭痛で薬による対処を行うことが今すぐには難しいという場面でも、頭痛を緩和することができるツボを把握しておくと役にたちます。
ツボを刺激してあげることで、頭痛の症状を緩和し楽な状態になることができます。
耳たぶは頭痛緩和に最適なツボが集中している部分でもあります。
耳たぶの上部分にある頂、太陽、額がそのツボの呼び名になります。
まずこの耳たぶ上方に位置するところに小さな三角形をイメージします。
三角形の底辺が額、頂のツボが分布している場所になります。
額が耳たぶの内側部分にあたり、顔にもっとも近い場所にあります。
その反対側の外側である顔から離れているところが、頂の分布場所です。
この額と頂が底辺を結んでいます。
次に太陽ですが、このツボは三角形の頂点にあたります。
この3つの結び三角形を織りなす点が、各ツボの場所となります。
親指と人差し指を使い、2本の指で優しくこの耳たぶをつまみ、揉みながら刺激を与えていきます。
指以外では爪楊枝1本を用いて、ツボの分布場所を刺激することも良いです。
それぞれ痛みの場所に効果的に働いてくれます。
額は特に前頭部に痛みを感じる頭痛に適しています。
頂は、頭頂部の痛みに効きます。
太陽は片頭痛持ちの痛みに有効的に働いてくれます。
行うときは、1日に2回行うことが望ましく朝夕行うことで頭痛解消の手助けをしてくれます。
刺激をする際の目安時間は約2分間から3分間です。
これら3つ頂、額、太陽は頭痛以外にも眼精疲労にも効果的です。
ですので目を酷使することで起こる頭の痛みにも素晴らしい対処方法です。
現代人の抱える頭の痛み、目の疲れを同時にケアすることが可能なのが魅力です。