眼精疲労から伴う頭痛にはマッサージが効果的

最近は若い人からお年寄りまで眼精疲労の症状で悩んでいる方が多くいます。
この原因として挙げられるのがパソコンやスマートフォンなどの普及です。
パソコンは固定電話と同じくらい普及率が進み、一家に1台はあるという時代です。
また、スマートフォンが普及し最近では小学生でもこのスマートフォンを持っているという子もいます。
このパソコンやスマートフォンから発せられる光は目には大きな刺激となり眼精疲労をまねきます。
そのため、普段からパソコンやスマートフォンの利用を制限することで眼精疲労を軽減できるのですが、仕事でパソコンを長時間使用する方にとっては職業病ともいうべき症状です。
この症状で頭痛なども引き起こしてしまい、仕事に支障をきたしているという方もいます。
この頭痛の原因は眼精疲労が原因で目や肩、首などの筋肉が凝り固まり、血流を悪化させているのが一つの要因です。
そのため、この頭痛を改善させるためには目や肩、首などのマッサージが有効です。
マッサージをすることで筋肉がほぐされ、血流を改善させることができます。
このマッサージは手で揉むのが効果的ですが、首を回すだけでも十分な効果があります。
長時間同じ姿勢で作業を行っていると、どうしても筋肉が固まってしまいます。
1時間に1回でも首を回るだけで首や肩の筋肉がほぐされ、頭痛改善だけでなく眼精疲労にも効果的です。
眼精疲労も長時間同じ場所を見ることで筋肉が凝り固まり疲労に繋がります。
大切なのは定期的に体を動かすことです。
目の疲労を軽減させるには、たまに遠くを見るなどのことをしたり、同じ姿勢を続けているのなら肩を回したり、首を回すなどして動かすことで疲労が改善され頭痛などの症状を軽減させることができます。