病院で処方されるトリプタン系薬剤やエルゴタミン製剤について

病院で処方されるトリプタン系薬剤とエルゴタミン製剤は偏頭痛など頭痛の治療の際に効果のある薬です。
そもそも偏頭痛は脳にある血管が拡張してその周囲を取り巻く三叉神経が刺激を受けると、痛みの原因となる物質が放出され、偏頭痛として現れるわけです。
偏頭痛の治療には薬物療法が中心となっているため、トリプタン系薬剤、エルゴタミン製剤といった薬が使用されます。
トリプタン系薬剤は、脳の血管の広がりを元に戻してくれ、三叉神経から放出される物質を押さえ込みます。
服用する際、錠剤や点鼻薬など様々なタイプがあるようですが、錠剤が一般的です。

また、服用するタイミングも重要で偏頭痛の痛みがあるわかる軽度の状態での服用一番効果があります。
次に、エルゴタミン製剤ですが、こちらも脳の血管を収縮させ、血管が広がるの抑えてくれる効果のある薬です。
服用のタイミングとしては頭痛と確信する前の前兆期に服用しないと効果が発揮されないことが多いです。
エルゴタミン製剤と飲んだあとにトリプタン系薬剤の24時間以内の服用はできないため注意が必要です。
また、妊娠中・授乳中の女性も服用することができないので注意が必要です。
エルゴタミン製剤の服用によって吐き気などの副作用もでる場合があるので、その時は医師に相談しましょう。