偏頭痛の原因の動脈硬化を治す方法に食べ物がある

偏頭痛は、頭部片側に限局して発作的に頭痛が起こる疾患であり、真性偏頭痛と症候性偏頭痛に分類されています。
真性偏頭痛は、遺伝性素因や内分泌障害、自律神経機能障害、アレルギーなどに起因し、脳の器質的疾患や耳鼻科疾患、腎疾患、側頭動脈炎,高血圧症などの随伴症状と考えられているが、明確な原因は不明です。
又、婦人の生理周期に一致するケースが多く、30~40歳代の女性患者が多いのも特徴です。
偏頭痛の前駆症状として、閃輝暗点や倦怠感、感覚異常などが発症し、強い痛みの拍動性頭痛が数時間~数日発作的に症状が現れます。偏頭痛の随伴症状として、消化器症状、心悸亢進、精神症状などがあります。
症候性頭痛は、潜在的な疾患を起因とする頭痛であり、脳出血や脳梗塞による頭痛、くも膜下出血による強烈な頭痛、脳腫瘍による頭痛、慢性硬膜下血腫による頭痛など生命の危険を招く疾患の随伴症状として現れるケースが多くあります。
これらの疾患の原因としては、動脈硬化や高血圧があげられています。
動脈硬化は、1度悪化してしまうと元に戻らないと言われており、動脈硬化を治す方法は無く、薬物療法や食べ物による食事療法、運動療法で動脈硬化の症状を進行させない様にするのが一般的です。
しかし、最近の動脈硬化を治す方法として、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす食べ物をより多く摂取し、有酸素運動を日々の生活に取り入れる事が有効とされています。
この動脈硬化を治す方法は、第二の心臓と言われ血液を全身に送るポンプの役目を果たすふくらはぎを鍛え、心臓に負担をかける事無く血流量を増加させます。更に有酸素運動により血液中のCO濃度が増加し、血圧降下作用を有するブラジキニンが活発化して血管への負担を軽減します。
加えて、腸内環境を整えて悪玉コレステロールを減少させる納豆やヨーグルトなどを食べ物を多く摂取する様に心掛けます。